スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1918年米騒動

1918年米騒動(1918ねんこめそうどう)とは、1918年(大正7年)に、日本における米価格急騰にともなう暴動事件。米騒動の発生 米騒動発祥の地の石碑と修復中の旧十二銀行倉庫[1]1918年7月22日の夜間、富山県下新川郡魚津町の魚津港に、北海道への米の輸送を行うため「伊吹丸」が寄航していたという。荷積みを行っていたのは十二銀行(北陸銀行の前身)で、その倉庫[2]前へ魚津町の女性労働者ら[3]十数人が集まり、米の船積みを中止し、住民に販売するよう求め嘆願した。[4]この時は巡回中の警官の説諭によって解散させられたが、住民らは集会をはじめるなど、米の販売を要望する人数はさらに増加していき、翌月8月3日には当時の中新川郡西水橋町(現富山市)で200名弱の町民が集結し、米問屋や資産家に対し米の移出を停止し、販売するよう嘆願した。8月6日にはこの運動はさらに激しさを増し、東水橋町、滑川町の住民も巻き込み、1,000名を超える事態となった。住民らは米の移出を実力行使で阻止し、当時1升40銭から50銭の相場だった米を35銭で販売させた。これが地方新聞(8月9日高岡新報)[5]の記事から始まり、全国の新聞に「越中女一揆」として報道されることとなった米騒動の始まりといわれている。[6]背景米価の暴騰堂島米会所における当時の米相場1914年の第一次世界大戦開始の直後に暴落した米価は、周りの物価が少しずつ上昇していく中で、約3年半の間ほぼ変わらない値段で推移していたが、1918年(大正7年)の中ごろから急激に上昇しはじめた。大阪堂島の米市場の記録によれば、1918年の1月に1石15円だった米価は、6月には20円を超え、翌月7月17日には30円を超えるという異常事態になっていた(当時の一般社会人の月収が18円-25円)。7月末から8月初めにかけては各地の取引所で立会い中止が相次ぎ、地方からの米の出回りが減じ、8月7日には白米小売相場は1升50銭に暴騰した。この背景には資本主義の急速な発展が指摘されている。第一次世界大戦の影響による好景気(大戦景気)は都市部の人口増加、工業労働者の増加をもたらしたほか、養蚕などによる収入の増加があった農家は、これまでのムギやヒエといった食生活から米を食べる生活に変化していった。このように、農業界からの人材流出と米の消費量の増加が続いた事に加え、大戦の影響

父の忍耐しのぶ=直木賞の白石一文さん(時事通信)
愛子キティちゃん、売れてます!金メダルならプレミア化!?(スポーツ報知)
雑記帳 雇用対策でアイスづくり 千葉・市原(毎日新聞)
収容少年に強制わいせつ容疑=少年院教官を逮捕-神戸地検(時事通信)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふかざわみつおさん

Author:ふかざわみつおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。