スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R-1ぐらんぷり あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)

 ピン(一人)芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2010」の決勝が23日、東京・台場のフジテレビであり、あべこうじさん(35)=よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属=が優勝した。8回目の今回はこれまでで最多の3539人が予選に参加した。優勝者には賞金500万円が贈られる。【油井雅和】

【関連ニュース】
R-1ぐらんぷり:庄司はミキティ封印宣言 中山は「優勝したけど売れない」とぼやく
R-1ぐらんぷり:中山功太が初優勝 時報ネタで
R-1ぐらんぷり:鳥居みゆき、バカリズムら決勝進出
次長課長:骨折の河本は「元気そう」 吉本東京本部、新宿の小学校に移転

ノエビア前副社長再逮捕へ 交際女性にも嫌がらせメール(産経新聞)
ACSA交渉開始を確認=岡田外相、ラッド豪首相と会談(時事通信)
元看護師の被告、保険金殺人で死刑回避を訴え(産経新聞)
太陽の塔 目が光ります 3月27日から大坂・万博公園(毎日新聞)
民主敗北、小沢氏進退再浮上も “利益誘導”選挙通じず(産経新聞)
スポンサーサイト

<訃報>吉田昭さん74歳=弁護士、元神戸地裁部総括判事(毎日新聞)

 吉田昭さん74歳(よしだ・あきら=弁護士、元神戸地裁部総括判事)21日、脳出血のため死去。葬儀は近親者で済ませた。

 兵庫県西宮市の知的障害児施設で74年、園児2人の遺体が見つかった「甲山事件」の差し戻し審判決(98年3月)で、神戸地裁裁判長として元保母の女性に無罪を言い渡した。

25日から2次試験=前期は26万人出願-国公立大入試(時事通信)
<西大寺会陽>宝木を奪い合う 岡山の奇祭500年(毎日新聞)
両親、元市職員らを提訴=3児死亡飲酒事故-福岡地裁(時事通信)
<広域窃盗>強盗強姦未遂で容疑の男を再逮捕 愛知県警(毎日新聞)
首相動静(2月23日)(時事通信)

<架空増資>投資顧問会社社長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 住宅リフォーム会社「ペイントハウス」(現ティエムシー、東京都多摩市)を舞台に架空増資をしたとして、証券取引法違反(偽計)に問われた投資顧問会社「ソブリンアセットマネジメントジャパン」(千代田区)社長、阪中彰夫被告(58)に対し、東京地裁は18日、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金400万円、追徴金約3億100万円(求刑・懲役2年6月、罰金500万円、追徴金約9億6100万円)の有罪判決を言い渡した。藤井敏明裁判長は「証券市場に脅威を与え悪質で身勝手だが社会的な制裁を受けている」と述べた。

 判決によると、阪中被告は05年、当時事業指導をしていたペイント社が投資ファンドに新株27万8000株を引き受けさせ、約3億4000万円の資本増強をしたと公表した。しかし資金の大半をペイント社がシステム開発会社などを介してファンド側に穴埋めしており、判決は架空増資と認定。「株の売却益を得るため虚偽の公表をした」と指摘した。検察側は株売却代金相当の追徴金を求めたが、判決は取得費用などを差し引いた。阪中被告は無罪を主張していた。【安高晋】

【関連ニュース】
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検
システム会社不正取引:元会長ら強制捜査へ 横浜地検など
無登録営業容疑:バルチックカレーの会社を捜索 警視庁
インサイダー取引:GWG子会社元会長に実刑判決
無登録営業容疑:投資顧問会社を家宅捜索 警視庁

<死体遺棄>凍った乳児2遺体 愛知のスーパーに(毎日新聞)
国会議員アンケート 論拠弱い賛成派 結びつかぬ「納税」と「参政権」(産経新聞)
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕-三重県警(時事通信)
調査捕鯨は合法的活動=豪首相と協議へ-岡田外相(時事通信)
1人当たり県民所得305万円=4年連続で増加-07年度(時事通信)

<火災>民家全焼2人死亡 埼玉・富士見(毎日新聞)

 18日午後10時55分ごろ、埼玉県富士見市上沢1、無職、下原真さん(70)方から出火、木造3階建て約100平方メートルを全焼、さらに東隣の民家に燃え移り、木造2階建て約70平方メートルも全焼した。下原さん方の焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警東入間署は行方の分からない下原さんと妻園子さん(70)とみて身元の確認を進めている。

 同署によると、下原さんは妻と2人暮らし。遺体は1階と2階からそれぞれ見つかった。1階和室が激しく焼けており、出火原因を調べている。【山崎征克】

【関連ニュース】
火災:住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成
アパート火災:押し入れ付近からライター 東京で2児死亡
火災:住宅全焼 焼け跡に遺体 埼玉・毛呂山町
火災:2幼児死亡 「中に子供」叫ぶ母 東京・練馬
火災:住宅が全焼 82歳と79歳の夫婦死亡 三重・松阪

警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴-神奈川(時事通信)
1日当たりの入院・外来患者数とも増加―病院報告・09年10月概数(医療介護CBニュース)
国会運営「なめられっぱなしだ!」 自民、副幹事長から執行部に厳しい声 (産経新聞)
教育現場の中立性は確保=川端文科相(時事通信)
<火災>男児救出…お手柄の高校生2人に感謝状 京都府警(毎日新聞)

防犯ネットでひったくり阻止=ワースト返上へ犯罪マップも-警視庁と足立区(時事通信)

 警視庁は22日、東京都足立区のJR綾瀬駅周辺で、同区などとともに、自転車の前かごに付ける防犯ネットを無料配布し、ひったくり被害の防止を訴えるキャンペーンをした。
 同庁の山下史雄生活安全部長や、近藤やよい区長ら約250人が参加。通行する自転車に次々と装着した。
 山下部長はあいさつで、同区のひったくり被害が2008年から増加傾向にあると言及。「非常事態だ。警察、区、住民が一体で取り組まなければ」と訴えた。
 同庁によると、昨年の同区のひったくり被害は都内最多の198件(前年比46件増)で、今年も既に35件発生。自転車利用者の被害の大半は前かごの荷物を狙われていた。
 同区は1月、同庁の情報提供を受け、「犯罪発生マップ」も作成し、ホームページで公開。犯罪別に印が付けられ、どこでどんな犯罪が発生したか分かるようになっており、毎週更新している。 

【関連ニュース】
環境キャンペーンでコラボ=日テレ、NHK
ソフトバンクも学割
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府
1月売上高、6カ月ぶり減=主力商品の品薄で
ドコモも学割キャンペーン開始

エビ養殖詐欺元幹部に無罪 東京地裁(産経新聞)
東京地検に銃弾? 届く=小沢氏不起訴に抗議-脅迫容疑で捜査・警視庁(時事通信)
インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る-感染研(時事通信)
10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)

提言のとりまとめに向け、議論を開始―データベース懇談会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月15日、「医薬品の安全対策等における医療関係データベースの活用方策に関する懇談会」(座長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)の第4回会合を開き、提言の取りまとめに向けた議論を開始した。

 この日はまず、事務局が提言(案)を提示した。この中で、現在の日本の医薬品安全対策の根拠データは、企業からの副作用の自発報告が中心で、副作用情報収集の仕組みの構築などが欧米諸国に比べ不十分と指摘。2011年に運用開始が予定される電子レセプトのナショナルデータベースなどの医療関係データベースについて、医薬品などに関する保健衛生の向上の研究に活用するための社会的・技術的課題やあるべき姿、個人情報の取り扱いなどの考え方を提言としてまとめたいとした。

 また事務局は、現在利用可能と考えられるデータとして、レセプトデータと、電子カルテシステムを含む医療情報システムから作成されるデータの2つを挙げた。データベース化により可能となる安全対策の調査事例としては、▽ある副作用の発生割合を正確にリアルタイムにモニターし、他剤との比較等により発売後適切な時期に安全対策が実施できる▽ある副作用が本当に被疑薬による原因なのか、疾患による症状自体によるものなのか判別し、正確な情報による安全対策が可能になる▽緊急安全性情報等の措置が副作用等の低減に効果があったのか、禁忌等の情報が守られているか、次に何をすべきかの評価が可能になる―を挙げた。

 意見交換では、木下勝之構成員(日本医師会常任理事)が全医療機関を巻き込んでのデータベースの構築は難しいとの認識を示した上で、「できる範囲からやっていくということなら、現実的には動き始めるかなという印象を持っている」と述べた。これに対して永井座長は、「ナショナルと言った時にオールナショナルである必要はないと思う。50%が入れば素晴らしい規模になる」と述べた。


【関連記事】
医療データ懇談会提言「社会に受け入れられるものに」
公衆衛生向上のためのデータ活用でヒアリング
韓国などのレセプトデータの医薬品安全利用でヒアリング
医薬品安全対策にレセプトデータを活用へ―厚労省懇談会
レセプト電子化への助成事業スタート―支払基金

トラックが追突、パトカー炎上し警察官重傷 岡山の山陽道(産経新聞)
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想(J-CASTニュース)
<無登録営業容疑>投資顧問会社を捜索 5億円集める(毎日新聞)
国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声(産経新聞)
放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)

五輪モーグル 「4年後も」8位村田、満面の笑み(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪第2日の13日(日本時間14日)、フリースタイルスキー・女子モーグルが当地近郊のサイプレスマウンテンで行われ、五輪初出場の村田愛里咲選手(19)=北翔大=は8位入賞と健闘し「楽しかった。4年後も出場したい」と満面の笑みを浮かべた。

 北九州市出身。中学1年でモーグルを始め、高校は競技環境を求めて尚志学園(札幌市)へ進んだ。小学校時代のトランポリンの経験からエアは得意で、北海道ではターンを鍛えた。高校2年で出場した全日本選手権では、上村愛子選手(30)=北野建設=を破ったこともある。

 北海道スキー連盟フリースタイル専門委員長の藪下栄一さん(47)は「大きな収穫。14年ソチ五輪に向けた一歩を残せた」と喜ぶ。高校時代から村田選手が暮らす札幌市の部屋には、フェルトペンで「オリンピックで金メダル」と書かれたA4判の紙が目につく場所に張ってある。その目標に向け、バンクーバーで確かな足跡を刻んだ。

 ◇母校で「ありさコール」

 北海道江別市の北翔大では「観戦応援会」が開かれ、学生や教員ら約120人が大スクリーン前で声援を送った。直前に転倒する選手がいたため不安げな学生もいたが、決勝前から「ありさコール」がわき起こり、村田選手が2度目のエアをきっちり決めると盛り上がりは最高潮に。同じ生涯学習システム学部学習コーチング学科1年、竹中彩華さん(19)は「すご過ぎて言葉が出ない」と興奮気味。同学科1年の太田保奈美さん(19)は「普段は笑顔が可愛い印象だけど、今日は格好いい」と話していた。【三沢邦彦、円谷美晶】

【関連ニュース】
五輪リュージュ:160キロ、高速化の悲劇 練習中死亡
バンクーバー五輪:カナダのアスリート4人が聖火最終点火
バンクーバー五輪:シュワ知事もランナーに 聖火リレー
バンクーバー五輪:センバツ出場の野球部員ら応援
バンクーバー五輪:「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮

戸越公園でマツのこも外し 品川区(産経新聞)
小沢幹事長「検察捜査に勝るものない」 不起訴受け強気一辺倒(産経新聞)
自民、首相実母への出張尋問も=民主、「人道問題」と拒否(時事通信)
練馬火災 近所の建物でも男女5人けが(産経新聞)
検察「窃盗」弁護側「横領」真っ向対立、鯨肉裁判(読売新聞)

<偲ぶ会>伊藤鄭爾さん=4月24日、東京で(毎日新聞)

 伊藤鄭爾さんを偲(しの)ぶ会=元工学院大理事長・1月31日死去=4月24日午後2時、東京都新宿区西新宿1の24の2の工学院大新宿キャンパス。幹事は吉田倬郎同大総務担当常務理事。

レール横に水銀灯カバー落下 地下鉄御堂筋線・西中島南方-中津間(産経新聞)
<民主党>企業献金「禁止」を強調(毎日新聞)
<枝野行政刷新相>「間違った解釈は見直し」政府憲法解釈で(毎日新聞)
<ニュース1週間>キリン、サントリーと破談/石川衆院議員、離党届を提出(毎日新聞)
粉飾決算でニイウスコー元会長らを逮捕へ 横浜地検(産経新聞)

モテモテひこにゃん、「サンマ」チョコも(読売新聞)

 バレンタインデーの14日、滋賀県彦根市の人気キャラクター・ひこにゃんに、28都道府県のファンからチョコレートなどのプレゼントが224個届いた。

 大半が若い女性や子どもからで、サンマの塩焼きの形をしたユニークなチョコも。「けがせずに頑張って」「毎日会いたい」などの手紙も添えられている。

 2006年のデビュー以来、プレゼントは増える一方とか。市職員は「ゆるキャラの世界でも、ひこにゃん人気はすごい」。

<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
消費税率、2けた想定=次期総選挙の争点に-大塚副大臣(時事通信)
“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 確定申告16日にスタート (産経新聞)
<雑記帳>バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)
<不正車検>手抜き整備でいすゞ子会社検査員11人書類送検(毎日新聞)

<確定申告>かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で記者団に、16日から始まる所得税の確定申告期間を控えて「国民には当然税金を払っていただき、国民の暮らしを守る政治を作り上げていく」と指摘した。鳩山首相は実母からの資金提供問題で修正申告しており、「政治に対する信頼を回復させていかなければいけない。自らも戒めながら、この国をさらに良い国にしていくため、国民に税金をお支払いいただきたい」と述べた。【小山由宇】

【関連ニュース】
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
鳩山邦夫氏:首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明
鳩山首相:解散政党交付金の寄付禁止に前向き姿勢

石巻2人刺殺 南部さん、大森さんの葬儀や通夜行われる(毎日新聞)
羽毛田長官「様子見たい」 陛下の「夜のご執務」で (産経新聞)
「検察捜査で明らかに」小沢氏、政倫審に慎重(読売新聞)
競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e-Tax約3割に(産経新聞)
郵便不正公判 村木被告の指示否定 元部下証言 凛の会元会長と省内で面会 (産経新聞)

小沢氏、事件に言及せず(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は11日、栃木県日光市で開かれた同党衆院議員の集会であいさつし、「『国民の生活が第一』というモットーに恥じないような政治を実現していきたい」と強調した。
 小沢氏の地方遊説は、政治資金規正法違反事件で元秘書の石川知裕衆院議員らが4日に起訴されてから初めて。あいさつは18分間だったが、事件への言及は一切なく、参加者から「辞めろ」とヤジられる場面もあった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<陸自幹部発言>「信頼してくれ」では日米同盟維持されぬ(毎日新聞)
「『記録ある』と検事が虚偽説明」=石井議員への「報告電話」-厚労省元部長が証言(時事通信)
大学生への仕送り額ダウン、25年前の水準に(読売新聞)
<訃報>渡辺偕年さん79歳=旧国鉄鉄道技術研究所長(毎日新聞)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)

日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)

 来年度から5年ぶりに国が接種の呼び掛けを行う日本脳炎ワクチンについて、厚生労働省の小委員会は9日、呼び掛けを行う対象を3歳児に限定することで合意した。

 ワクチンが不足しているため、中断されていた世代への呼び掛けは、来年以降に先延ばしされる。

 接種の呼び掛けは今夏までに各自治体が行う。日本脳炎ワクチンは一般的に3歳で2回、4歳と9歳で各1回の計4回の接種が必要とされている。

【関連記事】
ワクチン定期接種“空白期”7歳男児が日本脳炎 熊本
1歳児に2倍のワクチン誤接種 千葉・佐倉
日本脳炎の定期接種を再開 幼児期に2回
期限切れワクチンを接種 千葉・鎌ケ谷
新型ワクチン 日本脳炎の予防接種再開へ

社民・福島氏、グアム案捨てず「粘り強くやっていく」(産経新聞)
グアム移設に全力=社民・福島氏(時事通信)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
告訴状に虚偽の日付記入、警部補書類送検…千葉(読売新聞)
渋谷で住宅全焼、焼け跡から遺体(読売新聞)
プロフィール

Author:ふかざわみつおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。